Bondage Models     Information
049
富山愛美
(とやままなみ)
大学生
「縄で縛られた経験はあります。猿轡や鼻フックとかの経験はないので興味あって撮影モデルに応募しました」と連絡のあった愛美さん。
22歳の彼女はエロに貪欲で、フェティッシュ・ステージのサイトを立ち上げた翌年の2001年に発見して、ずっと興味を持っていたとのこと。そしてミーコがスタッフとして加わってから撮影モデル募集を始めたら、一番最初に連絡をしてきたのが実は愛美さんだったのである。
どんな責めに関心あるか伺ったら電動マッサージ器で責められてみたいと、彼女自身には未知の領域だった電マを求められた。私服姿から上半身だけを脱がし、下着姿にさせた後すかさず両腕の自由を奪うべくアームバインダー装着。ジーンズは履かせたままにしてのプレイを試みる。
そして電マで局部を責めたところ、あまりにも気持ち良すぎて愛美さんはパンティをぐちゅぐちゅに濡らしたと思ったら、潮を吹いてしまい大変なことに(笑)。身体が固かったことからアームバインダーは長時間厳しいとの話になり、ラブホテルに備え付けのSMチェアーを使ったり、様々な拘束具や珍しく豆絞り猿轡(愛美さんからのリクエストがあったので)を使ったりと、普段とは趣を変えたプレイを。