Bondage Models     Information
044
千文
(ちふみ)
大学生
(現在は外資系自動車メーカー勤務)
Fetish Stageのサイトを見てMikeyへ興味抱いてコンタクトしてきた当時現役女子大生だった千文さん。当初、緊縛に興味があったもののFetish Stageを知って見たこともないレザーボンデージの世界を体験してみたくなったとの理由で申し込んできた。
エロアニメが好きな子で、「以前Hなアニメで見た作品に衝撃を受けてから妄想が始まったんです。縛られて無理矢理口を閉じれなく強制的に開口された状態でおちんちんを口内へ入れられて凌辱されることをずっと妄想するようになってしまい、Fetish Stageであればその願望が叶うのではないかと思ったんです」と開口一番に言われて、Mikeyはエロに貪欲すぎる女子大生に驚かされたと言う。
実際、Mikeyと彼女が撮影でボンデージプレイを始めると、早々にオーラルマスクを千文さんから求めてきて「お願いします……」と一言だけ残し、猿轡で言葉を奪われたまま強制フェラを。Fカップの胸は彼女の性感帯らしく、乳首を触られるというよりも、胸を鷲掴みされるほうが興奮するとのこと。さらにリクエストで言葉責めをしてほしいという。Mikeyはオーラルマスクで閉じれない口内へ大量に精液を発射した後、精液を吐き出させたのだが……少し意図的に飲んだらしい。
猿轡外した後に感想を聞くと「凄く興奮しました。こんな屈辱的なことは人生で初めてで……。おちんちんを最初に口へ挿入された時はどうなってしまうのかと思いましたが、腕の自由も後ろ手で奪われてしまってますし、口も閉じれないしで服従するしか選択肢はないのかと感じ始め、その置かれている状況下に強制フェラをされている最中、私の頭の中では興奮のるつぼでした」と、ストレートな本音の意見をもらい、Mikeyは「最近の大学生はみんな変態なのか?」と思ったそうな。その後もマウススプレッダーを使ってみたいという千文さんのリクエストに応え、再び強制フェラもしたりと、ホテルでの休憩3時間が会話だけで半分終わったとのこと。Mikeyは女子大生とのエロ変態トークばかりで良いマーケティングになったらしい。
久々に連絡したところ、英文科出身だったことを活かし現在は英国の自動車メーカーで務めており、マンチェスターに在住だったが、昨年ロサンゼルスの事業所へ転勤になり、なんと偶然にもミーコが住んでいる近くのアパートに住んでいたのである。それ以降、千文さんとミーコは密に連絡を取り合って食事したりお茶したりしているそうな。