Bondage Models     Information
043
RINA
(りな)
コスプレイヤー
インターネットの”モデルやります”系の掲示板で、撮影モデルにミーコがスカウトしてきた現役コスプレイヤーRINAさん。やはりコスプレしているだけあってスタイルが抜群。プロ意識の強さからトップレスになってくれたり、鼻フックなどハードなプレイを惜しみなく展開してくれた。
Fカップの大きな胸であるが、彼女のコンプレックスは「胸は大きいけど張りが全然ない」とのこと。確かに中身が入ってない感はあったので(汗)、ブレストバインダーで胸を絞り出すとエロくツンと張り出して全く問題も支障もなかった。彼女にはコミケで知り合ったドMの”あしながおじさん”が存在しており、実はRINAさん自身、初めての拘束&初めての猿轡体験だったという。
ということで普段はミストレス寄りのポジションだったが、Fetish Stageのウェブサイトを見た時に「恐らく人生でこれらの拘束具とかここでモデルをやらないと絶対味わうことができないと思い、特にMでもないけどミーコさんに声かけてもらったし、折角なので挑戦してみたくなった」とのこと。
彼女のたくましかった部分は「アイマスクで顔バレしないんだったら、鼻フックでも猿轡でも顔面責めでもなんでも受けてやりますよ!」とのチャレンジ精神。キレイな顔した彼女をブサイクにするのは少々抵抗あったものの、Sっぽい性格のRINAさんをMにしていく様子はプレイ中にかなり楽しめたこともあり途中からそんな気持ちは払拭(笑)。
撮影が終わり、Mikeyは「Mっぽい扱いで責めまくってしまったけど」と謝ると「もしかしたら私、こっちのほう(M)が好きかもしれない。いや、目覚めちゃったかも。顔面責めされた恥ずかしさでかなり興奮したんで楽しめたよぉ。それと言葉責めってこんなに気分が高揚するもんだと思わなかった。Mikeyさんの言葉責めは恥ずかしさと屈辱的な気持ちが芽生えてくるので燃えてきます!」と返答。
モデル紹介ページを作るにあたり電話とメールをしたところ、既に使われていなかったので現在の消息は不明。