Bondage Models     Information
039
長尾麻由
(ながおまゆ)
グラビアアイドル
埼玉県某市にあるラブホテルからのオファーでそのホテルを紹介する撮影に参加したMikeyが、ややポッチャリ系のグラビアアイドルとのことで紹介された長尾麻由さんと現場で知り合い、友人関係に発展。Mikeyの付き合いある映画会社から「ボンデージシーンのあるホラー映画があるんだけど何か誰もがやったことのないプロモーションをできないか?」と相談される。そこで「グラビアアイドルを使って、公開拘束プレイをするのはどうかな?」と提案したところ満場一致でOKをもらい進める。丁度、前日に長尾さんと飲みに行っていたMikeyは、タイミングが良かったんで早速彼女に「キャットスーツ着て、拘束された状態から脱出を試みるホラー映画のプロモーションイベントをやるんだけど一緒にどうかな?」と連絡して口説いたところ「私、少しMっぽいところがあるので面白そうだからやってみたいなぁ」と許諾をもらう。
そして当時在籍していた事務所のマネージャーに連絡したところ「少々アダルトチックすぎて猿轡とか拘束されちゃうのとか微妙ですねぇ……」と最初は検討しますな返事でしたが、Mikeyが事務所へ直接挨拶へ行き、長尾さんへする予定のボンデージギアを全部持参しプレゼンテーション。「顔がブサイクになるので」とのことから、全頭マスクで顔が全部覆われるのは髪も化粧も乱れるのでNG、フェイス・クラッチ・マスクやハーネス・ボールギャグは顔面を頭頂部へ引っ張って長尾さん本人の顔が分からなくなるしブサイクになってしまいそうなのでNGになる。バーギャグとオーラルマスクの猿轡はOKになり、キャットスーツとアームバインダーもOKに。ただ普通にノーマルなボールギャグも使いたかったのだが「瞬間的にSM系を連想されてしまうのでそちらはNGで」と言われ未遂に終わる。
イベントの2日前にキャットスーツやボンデージギアのフィッティングを長尾さんと映画会社で行なう。最初は下半身のショーツだけを着けた形でSサイズのキャットスーツを着てもらう。そしてアームバインダーを装着すると、乳首のポッチがワンサイズ小さなキャットスーツから浮かんでしまうではありませんか。それと90cm超えのたわわな巨乳も潰されてしまうことから、Mサイズのキャットスーツに切り替える。と同時に、グラビアアイドルなのでマスコミの前でビキニ姿になったほうがいいかなって思ったMikeyは、キャットスーツの下へ黒ベースの衣装から脱いだら色的に生えやすい黄色のビキニ水着を用意してもらうよう指示。アームバインダーを胸上でクロスされたらほぼ外せなくなるんで拘束された姿勢からの脱出劇が不可能になる。
そこで考えたのが背中でクロスさせれば脱出しやすいだろうと、長尾さんとフィッティングしながら調整。Mikeyはわざわざというか、狙ってフィッテング中でもオーラルマスクを本番と同じようキツく締めて長尾さんへ噛ませていた。そのせいでMサイズのキャットスーツは涎ダラダラになってしまい恥ずかしがる長尾さんだったが、付着した涎をそのまま拭かずに放置。「長尾さん、イベントの実践だと思って、このアームバインダーから後ろ手の腕を外して脱出してみて欲しい。脱出後に猿轡を自ら外して」と促すし、映画会社のスタッフに何分で脱出できるか時間を計ってもらう。長尾さんには強めにアームバインダーを装着させているので「全然外せない~」と言葉にならない呻き声で叫び始める。
映画会社のスタッフは「なんか涎垂らしながら悶えている姿がめっちゃエロくないっすか?(笑)」と言い始めた。すると長尾さんはオーラルマスクから垂れる涎をすするように上を向いて垂れないよう我慢を始める。と同時に床に寝転び始め、アームバインダーからの脱出を再び試みるのだが……強めにMikeyが装着したこともあって床でもがき始めても一向に肩から外せない状態が続く。今度は床が長尾さんのオーラルマスクから滴る涎だらけになっていく。この時点で7分経過。長尾さんはバスケットボールをやっていたのでカラダが幸い柔らかく、長時間のアームバインダーにも余裕で耐えており、口も大きいからオーラルマスクも長時間耐えられた。
10分で外せなかったら別の方法を考えようとのことになる。Mikeyは「床で必死になって息遣い荒く脱出しようとしている長尾さんはちょっとエロすぎるんで椅子に座った形で脱出してみて」と椅子を使えば椅子の柱に引っ掛けてアームバインダーは外せるとの推測。すると簡単に外せたので、このイベントにGOサインが出て開催されるのでした。このイベント後に草刈正雄さんの次女と長尾さんと再びホラー映画のプロモーションイベントを立て続けにやったMikeyは、それ以降連絡を取っていなかった。別のスタッフに彼女の近況を伺ったところ、プロバスケ選手と結婚した長尾さんは2017年2月に男の子を出産し、現在は幸せに育児へいそしんでいるという。