Bondage Models     Information
002
貝満ひとみ
(かいまんひとみ)
AV女優
90年代にAV女優として人気を博した貝満ひとみさん。元々フェティッシュな衣装には興味があったというが、ボンデージとして拘束されることは初とのことで、Team Mikeyにてボンデージモデルへ挑戦して頂く。
意外にもカラダは柔らかく、熟女化し熟れたカラダにしては十分な素質あり。現役バリバリだったAV女優の頃よりも豊満になったカラダ付きはさらにエロくなっており、胸も巨乳で豊満化。アームバインダーで拘束した際、「カラダの自由を奪われた状態はなんだか恥ずかしい」と。伺ってみると「腕の自由を奪われた形で抵抗できない状況下にいる自分が惨めな姿だし、そんな姿で抵抗できなく胸が露出されるとやはり恥ずかしく、胸は性感帯でもあるので触られるとおとなげなく興奮しちゃった」との弁。
猿轡に関しても当然初めてされたわけで、「涎がこんなにいっぱい出るとは予想もつかなかったし、なんだか粗相しているみたいで恥ずかしかった」とのこと。ハードなフェイス・クラッチ・マスクやハーネス系や口径の大きな猿轡も色々こなせてはいましたが、全頭マスクやガスマスクのような顔全体をスッポリ覆ってしまうタイプだけは怖くなって途中からNGになりました。
鼻フックに関しては「さすがに恥ずかしい姿で情けないので自分で見たくない」と言ってましたが、顔責めされることには恥ずかしながらもマゾ的な部分が発動し、「顔責めはあんまり抵抗ない。拘束解かれた時の解放感がMっぽい資質ある感じなのかな」と。